041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専用 1/2

配布元…kara no kiss 様
50音・26文字お題よりお借りしています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「おい、次どこ行くー?」

「カラオケでいいんじゃね?」

「あ、あたし無理。終電で帰らなきゃ」

「うわ、なにそれー。テンション下がる!」

「そうだよ、今日はオールでしょっ!?」


深夜0時を過ぎた、とある駅近くの居酒屋出入口。

ここには今、何の変哲もないその店の飲み放題プランで安い酒をしこたま飲み、すっかり出来あがった学生連中がぞろぞろと出てきてたむろしている。
彼らは皆一様に赤い顔をしていて、二次会の行き先なんかについて、大きな声で好きな事を言い合っていた。
狭い公道を占領するこの集団を、迷惑そうに避けて歩くサラリーマンの姿など、おそらく彼らにはまるで目に映っていないのだろう。平日の深夜に、明日を気兼ねすることなく騒げるのはまさに学生の醍醐味だ。

・・・なんて、じゃあ今、こうしてオヤジくさく解説をかましているおまえはどうなんだって聞かれてしまうと、正直耳が痛い。
すみません。おれも、そんな奴らの一員です―。


「九代さん、九代さんは行けますよね?」

おれに向かって少し甘えた声で話掛けてくる女の子。彼女の名前は奈々ちゃん。うちのファミレスで働きはじめて1年半の短大生で、この飲み会の主役だ。
今夜は彼女の送別会。学生最後の夏休みを海の家で泊りこみバイトをすることになった彼女の為に、急遽おれが企画し、メンバーを召集した。
おれの企画力か、それとも彼女の人望か。その日シフトに入っていたメンバー以外の、つまりは今日休みの連中も集まった、総勢20人の飲み会は大いに盛り上がりを見せ、その熱は未だ覚めやらない。
おれは仕事中にお客様に対して向けるような、爽やかな笑顔を彼女に向ける。

「うん、大丈夫だよ。おれ、家近いから終電気にする心配ないし」

「って、この順目で途中で帰るとか、ありえないし!」

「そうそう、こうなったらオール決定でしょ?」

口々につっこみを入れてくる奴らに、おれは、「そう?」と言ってニヤリと笑う。こういうくだけたノリの会話は好きだし楽しい。


「ねー、相原さん。相原さんはどう?来られる?」

おれは最後に店から出てきた琴子ちゃんに向かって、声を掛ける。
どうやら酒に弱いらしい彼女は、覚束ない足取りで壁へ寄り掛かると、もたもたとサンダルのストラップを止めようと腰を屈める。

「ねー相原さん、聞こえてるーー?」

「…わわっ……!!」

おれはトントンと、軽く跳ねるようにして琴子ちゃんに近づくと、にゅっと屈んで琴子ちゃんの顔を覗き込んだ。突然眼前に現れたおれに、琴子ちゃんは、小さく叫ぶと尻もちをつきそうになる。

「―行きませんよ。こいつもそろそろ終電が無くなる頃ですから」

「い、入江くん!あ、ありがとう///」

腕をぐっと捕まえられ、なんとか尻もちを免れた琴子ちゃんは、驚いて入江を見上げると、真っ赤になって礼を言う。

「重い」

「え?」

「重いって言ってんるだよ。いつまでそうやってぶら下がってるつもりだ?さっさと立てよ」

入江は迷惑そうにそう言うと、慌てて立ち上がった琴子ちゃんの腕から手を離す。そんな様子が相変わらず素直じゃないと、おれは内心笑ってしまう。

「…なんですか?」

入江が冷たい目線を寄こしてくる。どうやら顔もしっかり笑っていたらしい。
おれは肩をすくめると、「いや、なんでも?」と返した。

「ほら、あと5分もすれば電車なくなるだろ。さっさといけよ」

入江はおれに構うのをやめると、琴子ちゃんをけんけんと叱りつけるように急かす。が、琴子ちゃんは困ったようにもじもじと俯き言葉を噤む。

「なんだ?はっきり言えよ」

入江が眉を吊り上げて琴子ちゃんに言葉を促す。琴子ちゃんは観念したように恐々入江を見上げた。

「…定期、更衣室のロッカーに忘れちゃったみたいで無いの」

「は?なら、今日は切符買えば良いだけだろうが」

「それがね…?今の会費でお金、使い切っちゃって///」

「おまえ…、このワリカン3,000円の会費を払っただけであり金使い果たしたって言うのか…?」

信じられない、といった顔をして入江が呟く。琴子ちゃんは

「だって、今日急に誘われたから///」

と、小さく言い訳して見せた。

「コンビニでおろせば」

「キャッシュカード持ち歩いてないの」

「ったく…。しゃーねーな、じゃあ今日はこれで帰れ」

入江がゴソゴソと自分の財布から金を抜き出して琴子ちゃんに手渡そうとする。

「そっ、そんな。入江くんにお金を借りるわけにはいかないよ!!」

「あっ、そう。じゃあおまえ、これからどうやって帰るんだ!?」

「そ、それはだから…。き、キューダイさんに借りようかな?なんて…」

「他人をおまえの迷惑に巻き込むな!」

「だ、だって…!!」

言い合いをはじめた2人に、おれは苦笑しつつ腕時計を眺める。高いヒールのサンダルを履いている琴子ちゃんの足では、もう最終電車には間に合わないだろう。
そして、またもや心中で入江に問いかける。
入江、おまえにとって琴子ちゃんは「他人」ではないなんなのさ――?




「ねぇ、入江くん、入江くんは来てくれるの?カラオケ」

とそこに、奈々ちゃんがこちらに近づいてきた。誰にでも愛想よく話掛けるタイプの彼女は、入江に対してもごく自然に好意を振りまく。
そしてどうやら下心はもっていないようだけど、それでも習い性なのか、小首を傾げ上目づかいで入江の反応を窺うのだった。


「だ、だめよ!いりえくんはカラオケとかするタイプじゃないんだからっ」

琴子ちゃんが彼女の放つ雰囲気を察知して、入江を守る番犬のように吠える。が、奈々ちゃんはそうなの?と軽くそれを受け流すと、再び入江に視線を送る。

「カラオケしなくてもいいじゃない。皆でただガヤガヤするのも、また一興でしょ?」

「だ、だから入江くんはそういうのが好きじゃない―――」

「いいよ」

へこたれる事無く奈々ちゃんに向かって反論する琴子ちゃんの言葉をあっさりと入江が遮った。意表を突かれた琴子ちゃんは、茫然と入江を見つめる。奈々ちゃんは、「やった!」とひと際高い歓声をあげると、仲良くしているメンバーの元に入江の参加を伝えに行った。


「い、入江くん、行くの?」

なんで?と顔いっぱいに表して入江に尋ねる琴子ちゃん。入江はそんな琴子ちゃんを呆れたように見返す。

「何言ってんだ。おまえも行くぞ」

「…え?」

「っとにおまえって何も見てねーんだな」

入江は大きく溜息を吐くと、自分の左手首を琴子ちゃんの目の前に突き出した。

「見ろよ、時間。もう終電終わったろうが。しょーがねーから朝まで時間潰せ。家には一本電話入れろよ」

「あ、そ、それならおばさんに迎えに来てもらおうかな…」

「どうせお袋の事だ。また嫌だって言うよ」

「そ、それもそうね。2人きりよりは、この方がおばさんもなにも詮索しないだろうしね…」

「そういうことだ」

――??

おれは入江と琴子ちゃんを交互に見比べる。何の事かよく分からないが、2人の間ではしっかり会話は成り立っているらしい。

「そういう訳だから、おれたち参加します」

入江がふとこちらを向いて参加の意思を伝えてくる。やや呆気に取られていたおれは、少しの間入江の顔を凝視した後、

「あ、ああ。わかった」

と頷いた。


「あ、あの…。で、でもやっぱりあたし、今お金持ってないんだけど……」

間の悪いタイミングで申し訳なさそうに呟く琴子ちゃん。入江はキッと彼女を睨むと、押し付けるように手に金を握らせる。

「だからこれ使っときゃいいだろ!!」

「は、はいいっ…!」



―楽しくなってきたな。

2人の様子をしげしげと見比べながら、おれは密かに笑みを浮かべる。
琴子ちゃんの右手からは、福沢諭吉がひん曲がった状態ではみ出ていた。その金があればタクシーに乗っても十分足りるだろうに。頭がイマイチ回転して無い琴子ちゃんはともかく、そんな簡単な事に入江が気が付いていないわけがない。いや、それよりも以前に、あそこで琴子ちゃんと口論しなければ、終電だって乗れていたはずだ。


―ひょっとして…?

おれの中で仮説が生まれる。だとすれば、どれだけこいつは素直じゃないんだ!

とはいえ今夜は面白いものが見られるかもしれない。ここはとにかく入江の気が変わらないうちに行動する事にしよう。おれはパンパンと手を叩くと声を張り上げる。

「はい、じゃー二次会はカラオケな!参加する人は挙手~~」

「「「「は~~い!!」」」」

わらわらと手が上がる。

「じゃ、隣のビルにそのまま移動。エレベーターで4階ね」

おれの仕切りで皆わらわらと動き出す。予約はしていないけど大丈夫だろう、なにせ今は平日の深夜だから。

1次会で帰宅する数少ない仲間にお疲れ、と一言声を掛け、おれは一番後ろを歩く。
前には、入江と琴子ちゃんがまだなにやら言いあいながら歩いていた。






【無意識】で意外と好評を頂けた(と、私は思っている)九代さん。
性懲りも無く再登場させてしまいました(^_^;)

本当は1話でUPしたかったのですが、今書いていて、それだと少し長すぎる気がしたので一旦あげる事にします。
中途半端に切ってしまってすいません(>_<)出来るだけ早く続きもUPさせて頂きます…。



テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

secret

top↑

comment

コメントありがとうございます!

中途半端なところでのUPだったにもかかわらず、コメントを下さりありがとうございました。
キューダイさん好き!と仰って下さる方がいて、本当に嬉しかったです(^^)それでは以下、レスさせていただきます。

chan-BB様

こんばんは~。早速のコメントありがとうございました!レスが遅くなり申し訳ないです。
キューダイさん、早くも出してしまいました(笑)理由については後編のあとがきの通りです。またお時間のあるときに読んでいただけると嬉しいです。
この頃の直樹って、前にも言いましたが本当に無自覚に琴子の事が気になっていて、しかも「おれのもの」って空気だしまくってて萌えますよね~~♪
「他人」じゃない・・・、一緒に突っ込んで頂いてありがとうございます!!
―楽しくなってきたな・・・で、続いた後編ですが、もうグダグダで・・・本当にお恥ずかしい限りです!今回はすっかり平謝りな気分の私です(><)

くーこ様

こんばんは!キューダイさんだ~というお声に励まされました。ありがとうございます!!
この頃の入江くんは本当に無自覚に琴子が気になって仕方なくて、それを客観的に見て突っ込んでいる九代さんを楽しんでいただき嬉しいです。ほんと、他人じゃないと言い切る入江くんって一体・・・笑
後編、UPしました。無駄に長くて反省会状態の内容ですが、お時間のあるときに覗いていただければと思います(^^)

まあち様

こんばんは!ああ、まあちさんもキューダイさん!と喜んで下さって本当に嬉しいです!
そして、「他人じゃない」に反応していただいてありがとうございます♪ほんとうに入江くん、他人じゃないならなんだって言うんでしょう~~笑
後編UPしました。上手く突っ込めてないです。多分期待に添えてない漢字で・・・なんだか申し訳ないですが、お時間のあるときにお付き合いいただけたらと思います☆

nomari様

こんばんは!お久しぶりです~。コメント頂けて嬉しいですよ~~(^^♪
nomariさんもキューダイ(刷り込まれて下さって嬉しい!)さんをお好きだと仰って下さって・・・私、本当に感激です。
nomariさんの仰る通り、キューダイさんみたいなタイプは絶対にモテますよね。そんな彼が琴子に興味を持っているとなると、まだまだ無意識LOVEな時代であっても無視するわけにはいかない存在ですよね!
でも、傍から見ればこんなに分かりやすい入江くんの琴子に対しての感情なのに、入江くんがはっきりとそれを表さないのは、自分の将来をまだ考えあぐねているからというのは、その通りだと思います。本当に気真面目です。それが入江くんの良いところなんですけどね(^-^)
どこまでも自分を追いかけてくる琴子だけれど、誰かが琴子に近づくと警戒モード入りまくる入江くん。後編もUPして、早速コメントも頂いてありがとうございます!また後編については後日レスさせていただきますね~♪

rinnn様

こんばんは~♪嬉しいです!私の話はどうも面白みに欠けると常々思っていますんで(^_^;)
「他人じゃない」と言う入江くんに笑って頂けて、でしょでしょっ!って感じです(笑)
言い合いをしているうちについ、ほんとについ自分の所有欲を顕示する入江くん・・・萌え♪
そして、そうなんですよー。二次会に出るのも入江くんに何故か決定権が(^m^)
本当に彼氏!!でも、認めないww
と、rinnnさんのコメントが嬉しくてノリノリのレスをさせて頂きましたが、既にUPさせて頂いた後編がなんとも・・・・(T_T)
お時間が許せば読んで頂きたいです。よ、よろしくお願いします・・・・m(__)m

吉キチ様

こんばんは!続き…のお言葉が「早く!」に見えて、急がなきゃ~って嬉しくなりました。ありがとうございます♪
キューダイさんの実況中継・・・後編すごくなってしまいました(>_<)
そして、どうもテンポが悪い話になってしまった気がして、ご期待に添えなくて申し訳ないんですが、またお時間が許せば読んで下さいね!!


水玉様

こんばんは~♪
う、嬉しいです!水玉さんにもキューダイさんを楽しみにして頂けるなんて!!
そして、ご一緒につっこんで頂いてありがとうございます!もう、みんなで言いましょう♪
「他人じゃないならなんなのさーー!?」(笑)
はっ・・・!!入江くんが睨んでる!!(*_*; に、逃げろ~~(←幻覚)
それから、諭吉にまでご反応頂いて嬉しいです!

続き…UPさせて頂いたのですが、ほんとご期待をまるっぽ裏切るグダグダな展開になってしまい、申し訳ないです(>_<)
宜しければ、またよんでやって下さい……(^_^;)

繭様

こんばんは!おお、キューダイさん、するどい繭さんと一緒のツッコミ出来ているんですね♪それはいい仕事してるって間違いないわ(^m^)
そして、さすが繭さんと思ったのが、この飲み会に、どうして入江くんが参加したのかを疑問に思っていらした事。
そう、それこそが今回の鍵です。グダグダの後編で事実が明らかになっていますので、お時間がある時に読んで頂けたらと思います。
PCからでも読むのがうんざりしたので、携帯から読んで頂くのが本当に申し訳ないんですが・・・・(>_<)
とにかく、今回入江くんが飲み会に参加した事も、二次会に参加するような展開に持って行ったのも、入江くんがする事には全て何か意味があるんですよね。こんだけ策練っておいて、「他人じゃない」とまで言っておいて、それでもまだ認めない入江くん(笑)まったく自信なない後編ですが、少しでも楽しんで頂けると良いな・・・・!!

Fox様

こんばんは!キューダイさんを通しての入江くんと琴子の会話をお楽しみ頂けて嬉しいですよ~~(^^♪
どうも勘の鈍い2人の周りの中で、一番冷静に観察していてつっこみを入れるキューダイさん。後編でその本領を発揮する事が、どうも出来なかったと反省モードなのですが、少しでもお楽しみ頂けたらいいな、と思います。良ろしければ読んでやって下さいね(^-^)

藤夏様

こんばんは~♪
藤夏さん、とっても嬉しいですよ~!藤夏さんもキューダイさんを気に入って下さっているんですね!!
早速カムバックさせちゃいました(笑)
こんな早いカムバックだった理由は、後編のあとがきに書かせて頂いています。
後編・・・、もう、すっごくグダグダで申し訳ないです!!お時間があれば読んで下さい・・・・(T_T)

前半は皆さんが入江くんの「他人じゃない」に反応して下さって、とっても嬉しかったです!
思いっきり琴子にたいしての所有権を誇示しまくっているのに、何故か無自覚の入江くん(笑)
でも、琴子がやみにモテキャラだからこうなっちゃうんですよね(^^♪
だから、入江くんが琴子への気持ちにはっきり気が付いた後は、この頃のレベルじゃなく自分ものだと見せつけるんでしょうね。ほんと、周りは注意しなきゃですよね~~(^m^)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

諭吉といい他人といい…ツボ満載!!

ぴくもんさん、こんばんは♪

はいはい、九代さんの再登場に喜んでいるのはここにもいますよ~^^
私も皆様と同じ「入江、おまえにとって琴子ちゃんは「他人」ではないなんなのさ」
に突っ込まずにいられませんでした!!
九代さん、よくぞ思った!!
それを口にしたら…入江くんが恐ろしいですね。

本当に入江くん、周囲から見るとバレバレなんですよ、態度が!!それに気が付いていない琴子ちゃんといい…もう…最高です!!

もう…諭吉まで渡しておいて、入江くんったら♪♪
続きがすご~く楽しみです!!

 続き・・・続き

         こんばんは
 キュダーイさんはグーですよ。 直樹観察させたらピカイチですよ。 琴子と直樹の実況中継スゥ~ゴク
 楽しみです。めちゃぁ冷静なレポーター(笑)マイク持ってます?(笑)続きを早く実況して下さい。
 直樹は、観察されとるの知っとるんかなぁ?
    
           二人だけが分かる会話
        夫婦漫才のボケとツッコミみたいです。

笑える…すごく……!!!

こんばんは~☆

ふるふるふる…ぷぷぷっーー!!
もう笑が止まりませんよ~!
ねぇキューダイさんっ!!
「他人…」のセリフは、バカうけでした!
すでに琴子への所有権がみられますよね~(笑)
でも、入江くん、怒りながらこういうことホント言いそうなんだよなぁ。

琴子が二次会に行くか行かないかの決定権は絶対的に入江くんがもってるし(笑)!!
これって普通に彼氏!ですよね。
二人でしか成り立たない会話して二人の世界をちゃっかり周りに見せ付けてますしね!

いやぁ~笑わせていただきました~☆
続き楽しみ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キューダイさんシリーズ大好きです☆

おはようございます。
もう、どれだけ入江くんは琴子のことが気になってしかたがないんでしょうね~~(^m^ )
天才なのに、無意識なこの感情が、他人様にバレバレなことに、萌えさせてもらえます!!
そして、ホント、「他人」じゃない琴子って、何者ですか?(笑)

そして、このお話はこれにつきますね。

―楽しくなってきたな

ムフフ( ̄m ̄*) 次を期待しておりま~す♪

プロフィール

ぴくもん

Author:ぴくもん
ご訪問頂きありがとうございます。
こちらは漫画好きの管理人・ぴくもんの創作ブログです。
各ジャンルの原作者様、著作権者様・出版その他関係者様等とは一切関係ございません。
原作のイメージを大切にされる方や二次創作を理解されない方、不快に思われる方は、此処でお引き返し下さい。
拙い作品ばかりですが、少しでも楽しんで頂けたら幸いです。


詳しくはこちらをご参照下さい。

カテゴリ

最新記事

online

現在の閲覧者数:

LINK

◆日々草子 (水玉様)

◆kiss shower (幻想夢 影菜様)

◆ 玉響のキセキ (ほろほろ様)

◆イタズラ★Days (ha様)

◆こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)

◆Embrasse-moi (えま様)

◆ぼんやり日記 (よもぎ様)

◆雪月野原~snowmoon~ (ソウ様)

◆HAPPY☆SMILE(narack様)

◆*初恋*(miyaco様)

◆みぎての法則(嘉村のと様)

◆φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)

◆真の欲深は世界を救う(美和様)

◆むじかくのブログ(むじかく様)

◆つれづれ日和(あおい様)

◆イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)

◆Snow Blossom(ののの様)

素材拝借サイト様

Dolce様

空に咲く花様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。