0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

charging

ふと思いつきで描いたイラストと短い駄文(会話中心)です。

お暇でしたら良ければお付き合い下さい^^;

・・・・・・・・・・





「あ、入江くん、おかえりなさいっ」

深夜に帰宅すると音を聞きつけた琴子がパタパタと駆けて来た。

「お疲れ様。遅かったね」

いつもと同じ明るい声。笑顔。

「ああ」

いつもと同じ仏頂面で応じる俺。

「お腹すいた?」

「・・・それなりに」

「あ、それならご飯出来てるよ!って、カレーなんだけどね」

頭に手をやり恥ずかしそうに話す。
今日は俺たち以外の家族は其々に用事があり不在だったので失敗しない無難なメニューにしたらしい。

「それで十分だよ」

俺は答えるとネクタイを緩めながら階段に向った。

「あ、コート――」

慌てたように手を伸ばすので、腕に引っ掛けていたコートを後ろ手に渡す。

「・・・。」

琴子は何か言いたそうにしながら、然し無言で後ろを付いて来た。





「じゃああたし、先にリビングに戻っておくね」

コートをハンガーに掛けると琴子はそういって笑顔を作った。

「ん」

「あ、でも先にさっぱりしたいなら、お風呂沸いてるよ?」

思い出したように手をポンと合わせ、どっちが良いかと訊ねてくる。

「・・・じゃあ、風呂から」

答えると、

「オッケー、じゃあゆっくりしてきてね。あたし、ダイニングに戻っておくね」

にっこり笑い、今度こそ背を向け部屋を出て行こうとした。

「待って」俺は琴子を引き止めた。



「お前も一緒に入れよ」

「え・・・///!?で、でもあたし、もうお風呂入って――」

「知ってる。でもいいだろ?」

強引にそう言うと数秒の沈黙のあと、コクリと頷いた。

「・・・入江くんが身体洗い終わった位に行く・・・ね」

「分かった」

短く答えるとパタンと静かに部屋が閉まる音がした。






「―どうぞ」

「―ん・・・」

俺の誘導に琴子がおずおずと湯船に入ってくる。

「方向、これでいい・・・?」

「ああ」

そろり、俺の胸に背中を預けるような形で腰を沈めた。
入浴剤の入った少しとろっとした感覚のする湯の中で、琴子の皮膚と俺の皮膚が触れるとぬるりと滑るような感覚がする。

「・・・あったかいね」

「そうだな」

静かに息を吸い込むと、クリップで簡易的にあげた琴子の髪からは清潔なジャスミンの香りがした。
ひどく落ち着く香り。

「・・・何も聞かないんだな」

「・・・。話したいと思うまで聞かないよ」

ゆっくり首を横に振り答える琴子。



(・・・やっぱり知ってたんだな―)その瞬間、思った。

ゆっくりと瞼を閉じる。

すると長かった今日がまるで走馬灯のように頭の中を駆け巡り、どっと疲れが押し寄せてくる。

当然だが、俺は完璧な人間ではない。

完璧な人間などいない。

己の無力さに打ちひしがれそうになる瞬間がある――。

「でもこうして傍にいさせてくれて、良かった――」

その声が揺らいでいるのは風呂の反響音の所為などではない。

「・・・琴子」

俺は琴子の肩を抱いた。

「・・・ん?」

「・・・ありがとう」

「・・・ん――」

お互いが一言発するごとに静かに水面に出来る水面の波紋を眺めながら短く交わすやり取り。



今はただその行方を見届けつつ、伝わる温もりに身を委ねて――。


charging


「・・・お前が居てくれて良かった」








こんな駄文にお付き合い下さった方ありがとうございます>_<

最初はただ単にお風呂に一緒に入ってるイリコトを描きたくなっただけなのです。
なんで描きたくなったかは、久々に観ようと思った月9の所為といえばお分かりになる方はなるかと^^;

で、出来上がったのがなんだか疲れてそうな入江くんだったのでこんな妄想が・・・苦笑
細かい設定は皆様のご想像ににお任せという事でひとつお願いします。

・・・って、up前最後の読み返しを今しましたが、いつにもまして纏まり無い下手文~~!
そっと削除してたら、いたたまれなくなったんだなと思って下さい^^;




コメントの投稿

secret

top↑

comment

拍手コメント ありがとうございました

> kaotokuchan様

こんばんは。すみません~~要背後確認イラストで(^m^;)
でもでもkaotokuchanさんもこのシチュ大好物とお聞きしてテンションあがりました!
いいですよね~~、後ろからハグ。そこからクルッと前に向かせて更に盛り上がってくれたらなおよしっ!

・・・と、そんな事までは書かれておられませんでしたね・・・。いきなりの暴走失礼しましたっ。

さて、でも今回のイラストはとてもあったかい気持ちになると仰って頂けてとても嬉しいです。
そうですよね・・・、本当に2人は『家族』になったんですよね・・・。深い、本当に深いお言葉だと思いました。これで何もかも説明がつく、そんな気がします。
色々積み重ねて恋から愛に変わっていくんですよね。素敵なコメントに改めて色々考えさせて頂きました。

そして相変わらず言葉少ない直樹の科白の中にダダ漏れの愛情感じて頂けたのもすごく嬉しくて^^
無口な男の肯定の一言・・・ほんとキュンとします!
だから直樹スキーはやめられない(≧m≦)

コメント ありがとうございました

> Yun様

こんばんは。お~Yunさんも月9をご覧になっているのですね^^
しかもあのお風呂のシーンでイリコト妄想されたと!やはりイタキススキーはしてしまうんだなぁと嬉しい気持ちになりました。

職場の方のお話、本当に仲が良いというかラブラブというか(^m^)
でもそんな御歳になっても・・・と思うと私もほっこりしました。Yunさんの激励も頷けます♪
イリコトもそんな風になるのでしょうかね~^^なんだかYunさんのコメントがすごく具体的で、私も読ませて頂きながらつい一緒になって想像してしまいました。
月9のシーンでこんな感じ!となられたところに当ブログのイラストでさらに萌えて頂けたなんてすごく嬉しかったです。ありがとうございます!

そしてお話の方ですが、こういうシーンもご想像された事があったのですね。Yunさんがお書きになったようなシーン、目に浮かぶようでした。ぼんやりタバコを吸う入江くんの背中にギュッとする琴子、つい描いてみたい衝動に駆られてしまいましたよ・・・。
本当に、今回のお話とどこかリンクしていますよね。

ふふっ脳内妄想披露大会って面白いネーミングですね(^m^)いえいえ謝らないで下さいね。楽しませて頂きましたので!
久しぶりのスキマも良かったとのことありがとうございました♪
はい、またなるべく早めの更新頑張りますね☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

拍手 コメント ありがとうございました

> green様

こんばんは。
ううっ ありがとうございます!全然、全っ然駄文なんかじゃないと仰って下さって(T_T)

分かっていないようでしっかり分かってる琴子、私も素敵だなぁと思います^^
医者の道を諦めようとしたあの夜を思い出して下さったんですね。あの時の泣かない入江くんの代わりに泣く琴子、本当に健気で素敵でしたよね(涙)
ざっくりしすぎ&拙さ120%って感じでUPしたもののいたたまれない気持ちだったのですが、いいお話と思って頂けてホッとしました。言葉にして伝えて下さってありがとうございました!

拍手 コメント ありがとうございました

> 千夜夢様

こんばんは。
過日はお仕事中にLINEでこれから買いに行くだの、やっぱり止めただのと五月蝿くて失礼しました(笑)

そうなんですよ~、あれから娘が帰って来る前に!とお風呂のシーンを停止してコマ送りにする事数回・・・(爆)
しかし「ここ!」というアングルが見つからず、結局自分のイメージだけで描いた代物になってしまいました^^;
でもすごくいい感じって言って頂き嬉しいです♪本当ですか!肌の色入れ、成長してます?自分では良く分からないものですから、そうだとしたらいいなぁ~と思います^^

そしてまたまたの背後からのハグ!でもそれに気付いたのはUPする直前だったという・・・(苦笑)
そうそう、ムンムンではなく温かみのある愛がイメージだったのでそう受け取って頂けて光栄です^^
ついでにオシャレとお褒めの言葉も頂けてこそばゆいですw

そうですね♪ゆったりとした幸せのあとにはめくるめく夜を期待するに私も一票を(^m^)

コメント ありがとうございました

> よしぴぃ様

こんばんは。
おお!よしぴぃ様もご覧になってるのですね♪そして原作のファンでらっしゃると!
実は私も原作が読んでみたくてうずうずしています(笑)違和感今のところないということは、けっこう原作に忠実に製作されているんですね♪
今後も期待したいものです(^m^)

さて、今回はその中のお風呂シーンからつい妄想スタートしちゃったんですが、出来上がったのはそれとは程遠い雰囲気で(^^;)
仰るとおり、イリコト変換するとなんだかべったりした感じがなくなりますよね~。そうそう、なんだかいつまでも初心な感じが漂うというか(^m^)
きっと琴子ちゃんはいつまでたってもこんな感じなんでしょうね♪

お話については、このざっくりした内容から色々深く読み取って下さって・・・もうもう、ひたすら感動しております!
そうですね。やはり人の命にかかわる事があったのだと思います。
医者はやはり患者を救いたいと思うものですよね。特になって間もない頃はその気持ちが強いというのも想像がつきます。
入江くんもその一人で、むしろ誰よりも・・・というのは私もまさにそうイメージしてたんですよ。
だから、それが叶えられなかった時の無念はいかばかりかと思うのです。

琴子ちゃんはそういう理想や熱い気持ちを語らない入江くんの心の奥をきちんと理解しているんですよね。
と同時に、現実に心折れる訳でなくしっかり起き上がりさらに強くなって立ち向かっていく事も分かっているんだと思います。

そしてそんな入江くんに自分が出来る事といえば、いつも通りに接する事、ただ傍に居る事と頭で考えるのでなく理解しているから入江くんの要求に素直に応じるんでしょうね。
そんな琴子だからこそ、最後の入江くんの台詞が口をついて出てくる(^m^)

いつになく素直に甘える入江くんにこの後の2人はどうなったのか、私も色々想像してしまいます(笑)
カレー、ちゃんと食べたのかなぁ?


最後に、PCのテンプレ微妙に変わった事に気付いて下さりありがとうございます♪
夕暮れ、夜明け、どちらにも見えますよね^^ええ勿論、どちらでもOKですよ♪

『一番星』のUP後、一番星お見かけになったのですね~♪そういうご報告、なんだかほっこりしてこちらまで幸せな気持ちにさせられます。ありがとうございます♪
思い出して頂けて本当に光栄です^^

コメントありがとうございました

> みゆっち様

こんばんは。
ふふっ みゆっちさんはHDDに録画なうなんですね♪
まだ観ていないですか?だとしたら、是非見て欲しいですっ!なかなかいい感じですよ~^m^

さて、今回のイラスト、ドキドキしてくださいました?うふふ、嬉しいです^^
お話も素敵って思って頂けて良かった~。

>完璧に見える人も実はそうではない
その通りですよね。でもだからこそ愛すべき!ほんとそう思います^^

言葉にしてこそ、という事も世の中ありますが、無くても分かり合える事の温かさ、ありがたみってありますよね。
拙い文章からそんな事を感じて頂けて幸せです。ありがとうございました♪

コメント ありがとうございました

> 紀子ママ様


こんばんは。
おお!やはり松潤好きな紀子ママさん♪ご覧になっておりましたか♪
でも・・・ぷぷぷ「ああ、誰?あの女の子←どーでもいい」に爆笑ww
全く似たような反応を示す友達がいたもので・・・うんうん、愛を感じます!

さて、そんなドラマのワンシーンからついお風呂で後ろハグを描きたい衝動に駆られた訳ですが、イリコトならほんとに素敵と思って頂けて良かったです♪
ざっくりしたお話から想像広げて下さりありがとうございます。
そうですよね。きっと入江くん、帰宅するまでは気が張っていたんだと思います。

人間は無力だけど、そこから立ち向かっていけるんですよね。
何も言わないし聞いてこないけれど、温かく迎えてくれる琴子に直樹は元気をもらい次の日には力を取り戻しているんでしょうね^^

コメントありがとうございました

> 吉キチ様

こんばんは。
おお!吉キチさんもちらっと月9ご覧になったのですね♪

そうですね。入江くん、今回ばかりは琴子にすっかり頼っている感じがしますよね^^
何があっても傍に居てくれる存在ってやはり偉大ですよね。

間違ってなんてないですよ!スキンシップも含めて琴子に癒される直樹でした^^
心は子供みたいに・・・ってそんな風に今回の入江くんを感じて頂けて嬉しいです。

>ねーさん&むじかく様

> ねーさん&むじかく様

こんばんは。先日はリコメお読みになってからの迅速なお返事ありがとうございました。
よかったです。やはりご承知の上での事だったのですね!
私も特に嫌な思いをしたとかそういう事は全くありませんのでどうぞご心配なく^^
こちらこそご自身のブログでも改めて記事まで上げて頂いてご迷惑お掛けし申し訳なかったです。
これに懲りず、どうかこれからもよろしくお願い致します!

コメント ありがとうございました

> たまち様

こんばんは。ううっ ありがとうございます、こんな作品でも削除したら泣いちゃうなんて言って頂いて・・・(涙)
かなりざっくりした描写であたおの設定は読者の方に丸投げしてしまいましたが、色々想像しながらお読みくださったとの事感謝します。

そうですよねぇ、琴子が素直にお風呂入るの頷く位ですから、入江くんに余程の事があったのでしょうね。
色々聞きだそうとするのではなく、ただ少しでも元気になってもらいたい。そして傍に居たいと琴子は思うんでしょう。
そんな琴子だから入江くんも素直な一面を曝け出せるのでしょうね^^
最後の一言が琴子の偉大さを物語っている・・・全くそのとおりです♪

イラストの入江くん、ポッとして頂いて嬉しいです。
自分で言うと気恥ずかしいですが、確かに切ない感じと甘えてる感じと両方醸し出してるかも(笑)
なるほど、自分の表情を見せないようにしているとはたまちさん、すばらしい洞察力です♪
そうですね。いろんな形で琴子から元気もらって、きっといつもの彼に戻るのでしょうね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メッセージありがとうございます。
私のアメンバーの方に同じぴくもんさんがいるので驚かれましたよね。
紛らわしくて申し訳ありません。
おなじぴくもんさんなので「もしや?」と思ってメッセージ送ったら仲良くなりまして、アメンバー申請されてしまいました。
気楽にやってるブログだったので「いいですよー」と了承したのですが、別人なのは理解してます。
一応ブログの趣旨は伝えて迷惑かかるかもとメッセージは送ってあるのですが、外してくださいと連絡来ないのでそのままです。
イタズラなkiss面白いよとマンガを勧めておきましたが。
ここを見た方にも伝えようと思い、コメント残します。
別人です!!(太字のつもりで)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

拍手コメント ありがとうございました

>ねーさん様

早速のコメントありがとうございます。
色っぽいですか?そう思って頂けたら嬉しいです^^
この後ご飯、食べるんですかね~?全然考えてませんでした(←おい!)
野獣には・・・なるかもしれないですね。それで埋まるものもあると思いますし。

ところで・・・ここに書く事をお許しください。ある方からご質問があって知ったのですが、ねーさんさんのブログのアメンバーに私と同HNの方が居られたのですが・・・あれは私ではありませんが、ご承知の上のことですよね?
私はアメブロにアカウントをもっていますが、別HNでやっております。(個人が特定されるおそれのある記事も出しているので)
万が一、勘違いされてたら・・・と思いこちらに書かせて頂きました。申し訳ありません。

プロフィール

ぴくもん

Author:ぴくもん
ご訪問頂きありがとうございます。
こちらは漫画好きの管理人・ぴくもんの創作ブログです。
各ジャンルの原作者様、著作権者様・出版その他関係者様等とは一切関係ございません。
原作のイメージを大切にされる方や二次創作を理解されない方、不快に思われる方は、此処でお引き返し下さい。
拙い作品ばかりですが、少しでも楽しんで頂けたら幸いです。


詳しくはこちらをご参照下さい。

カテゴリ

最新記事

online

現在の閲覧者数:

LINK

◆日々草子 (水玉様)

◆kiss shower (幻想夢 影菜様)

◆ 玉響のキセキ (ほろほろ様)

◆イタズラ★Days (ha様)

◆こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)

◆Embrasse-moi (えま様)

◆ぼんやり日記 (よもぎ様)

◆雪月野原~snowmoon~ (ソウ様)

◆HAPPY☆SMILE(narack様)

◆*初恋*(miyaco様)

◆みぎての法則(嘉村のと様)

◆φ~ぴろりおのブログ~(ぴろりお様)

◆真の欲深は世界を救う(美和様)

◆むじかくのブログ(むじかく様)

◆つれづれ日和(あおい様)

◆イタKiss~The resident in another world ~(九戸ヒカル様)

◆Snow Blossom(ののの様)

素材拝借サイト様

Dolce様

空に咲く花様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。