::The Gift of the Magi 番外 ~もう1つの贈り物~
卒業シーズンに、直樹の大学卒業をテーマにchan-BBさんと合同企画で書かせていた
『The Gift of the Magi 』ですが、先日chan-BBさんからサプライズなご連絡をいただきました!!

なんと…!!イタキス二次創作を読んでいらっしゃる方なら勿論ご存知だと思います、私も敬愛する藤夏さんがこのお話に可愛いお話をプレゼントして下さいました(^^♪

藤夏さんは今回、chan-BBさんが書いて下さった「ピンクの(笑)抱き枕」を軸に、直樹目線でお話を書いて下さいました。そしてこのお話、なんと以前藤夏さんが投稿サイトで発表された「アヒルがライバル!?」とリンクして下さっています。
合わせて読ませて頂くととっても面白くて…!クスクス笑いながら楽しませていただきました^m^
藤夏さん、本当に嬉しいです!!この場からで恐縮ですが御礼申し上げますm(__)m

そしてchan-BBさんと、「こんな素敵な贈り物に御礼しない訳にいかないですね」という話になりまして、藤夏さんにサプライズとして私たちからのささやかながらの御礼SSを贈ります!!

『The Gift of the Magi 』といえばchan-BBさんが直樹を、私が琴子を担当して書かせていただきましたので、今回も同じアプローチで書かせていただきました。

chan-BBさんのブログで、藤夏さんの作品とchan-BBさんの作品のコラボがUPされています。
(このお話は以下のリンクからとべます)

The Gift of the Magi 番外 ~もう1つの贈り物~

そして、こちらで琴子ver.を掲載させていただきます(^^)
今回も同時刻UPしていますので、是非ご覧ください♪

長々と説明失礼しました。それでは続きからどうぞ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


入江君が神戸に行ってしまってから数日。
来年にはナースの制服を着て、白衣姿の入江君と並んでいる事を最大の目標に、あたしは今猛然と日々の学科や実習、そして試験勉強に勤しんでいる。
・・・なーんてカッコいい女的発言、してみたいものだけど・・・現実のあたしは、やっぱりどこまでも今まで通りのあたしで―――

ドスン!!
目覚ましのけたたましい音が聞こえたかと思うと次の瞬間、鈍い音と痛みで今朝もあたしは目が覚めた。
「うぅ~、痛~い・・・」あたしは小さく呻き声をあげる。

本当に信じらんない。こんなに広いベッドに一人で眠っていて、なんであたしったらベッドから転げ落ちちゃうんだろう?
入江君と一緒に眠っていた時は、こんな事全然無かったのになぁ・・・。もしかしてあたし、すっごく緊張感を持って眠っていたとか!?
いやいや、そんな事は無いわ・・・。自慢じゃないけどリラックスして眠る事だけはあたし、大の得意技なのよっ!!
だとしたら・・・やっぱり答えは入江君よね。だって、入江君っていつもあたしの事を抱きしめて眠るんだもん///だからあたし、いつも大人しくベッドの中に収まっていたんだ。
・・・・入江君って、ああ見えて何かに触れていないと眠れない性質なのよね。
何かっていうのが、“あたし”なら、最高に嬉しいんだけど///


―― やっぱり入江君、抱き枕が必要なんじゃないかしら・・・?
自分の寝像の悪さはさておき、あたしは数日前、入江君が東京を離れる前日の出来事を思い出す。

写真立てを一緒に選びに行ったあたし達。出発の準備があるからその用事だけって約束で出掛けたんだけど、入江君と二人でお買いものなんて殆ど無いし、ましてや可愛い雑貨が沢山並んでいる店内で、あたしが他の物に目移りしない訳がなく・・・。
見つけた途端、立ち止って抱え込んでしまった物―― ピンクの(///)抱き枕。
あたしの背丈の2/3はあるこの抱き枕ならきっと入江君も気に入ると思って、買ってあげるって言ったのに・・・拒否された挙句、あたしは入江君にとんでもない言葉をお見舞いされた・・・

「おまえこそ、これに乗って、ちょっとは練習してろっ!」なんて、今考えてもとんでもないわ!!・・・ど、どうやって練習しろというの///!?あたしは転げ落ちたベッドの下で一人動揺する――

―― いけないいけないっ!!早く準備しなきゃ、1限目の講義に遅れちゃう!

漸く現実世界に戻ってきたあたしの目に、ふとその姿が映ったの。
それは・・・ 仲睦まじく並んで笑っているドナルドダックとデイジーダック。

「いいな~デイジーは・・・大好きな人といつも一緒で」
あたしは同じ女として、デイジーに恨み節を言ってみる。けれどデイジーは相変わらず楽しそうに口角を上げていて、隣のドナルドも幸せそうに笑っている。

「あっ、そうだ!」
あたしは思い出した。このぬいぐるみを買った当時の記憶を――
当初は泣く泣く、ドナルドだけをお家に連れて帰ってきたあたしは、その抱き心地の良さに毎日ドナルドを抱いて眠っていた。数日後に入江君がデイジーを買って来てから、一緒に眠る事は無くなったけど///そう言えばその時のあたし、すっごく寝像が良かったわ。

―― うん、決めた。あたし、これからまたドナルドと一緒に寝る!!
私はぐっと握りこぶしを作って一人心の中で宣言する。

となると・・・問題はデイジーよね。
あたしがドナルドを抱いて眠ったら、デイジーはヤキモチ焼くかしら?でもこの感触・・・デイジーには悪いけれど譲れない。
そうよ、それなら―― いっそデイジーを入江君に送っちゃおう!抱き枕とはいかなくても、このモフモフした感触だって相当気持ちいいもん。きっと入江君、喜んでくれるはず!!

とってもいい考えを思いついた気がして私はすっかり嬉しくなる。
手早く支度を整えるとあたしはデイジーを抱え、おかあさんのいるリビングへと階段を駆け下りていった―――





短いお話でしたが楽しんで頂けたましたでしょうか?
二次創作を始めて一番嬉しかった事―― それはやはり色々な方と繋がりを持てた事です。
実際にお会いした事が無いのに、コメントを下さる方がとても身近に感じられて、言葉のやりとりに沢山の喜び・励ましを頂きました。

この度も藤夏さんからのプレゼント、本当に嬉しくて!!藤夏さんは以前にも『Last Night,First Night』でも素敵なお話を書いていただいて・・・もうなんて幸せ者なのかと思います。

これからも色んな形で皆様と関われていけたらいいな、と思います。
どうぞ今後も宜しくお願いいたします!!<m(__)m>







19巻スキマ  コメント(3)  △ page top


<<prevhomenext>>
::拍手・コメントありがとうございます
あらためてこの度は素敵な贈り物をありがとうございました!
chan-BBさんと藤夏さんがタッグを組んだドナルドサイドに対して、デイジーサイドは物足りないものだったと思いますが、読んでくださって感謝しています(*^_^*)


chan-BB様
こんばんは!こちらこそGW中にこんな素敵なお話が舞い込んでくるとは夢にも思いませんでした~^m^あとになって、デイジーちゃんを送り付けた後の琴子を書いた方が良かったかな・・・?とか色々考えたんですが、こちらで良いと言って下さったのでそれならいいかな!と安心しました(*^_^*)
そして、ドナルドサイドにコメント差し上げた事とと重なる内容ですが、この話を自然な流れで書けていたとしたら、それはchan-BBさんと藤夏さんの直樹がばっちり同化していて、デイジーサイドを想像する事が余りにもたやすく、そして楽しかったからだと思います。誘って頂いてありがとうございました!!m(__)m

繭様
こんばんは!今回は有難い事に藤夏さんから素敵なプレゼントをいただき、そして御礼をすることをchan-BBさんに誘っていただいたおかげで得難い経験をさせていただきました。そして、その事を喜んで下さった方がおられる事がまた最高に幸せです!!
そして気が付いて下さって嬉しいです。いつも原作より大人めの琴子を書いてしまいがちの私ですが、今回はあくまでお二人の作風に気か付けるようにしたのが伝わっていて嬉しいです(^^)ささいな事ですが、このお話だけは原作通り「あたし」表記にしてみたんですよ♪何度も打ち間違えました(苦笑)
内容的にも、ポイントのズレた、等身大な琴子を書けていたのなら、まさにお二人のお陰です(*^_^*)
直樹には気の毒でしたかね(笑)?はは、そんな時もありますよ・・・(笑)

藤夏様
こんばんは!この度は素敵な贈り物をありがとうございました!!m(__)m
今回の企画であらためて感じたのは、本当に皆さんのイタキスが大好きな気持ちとそれがもたらすパワーです。二次創作を始めてから色々な繋がりを持つ事が出来てとても嬉しく思っています(*^_^*)
今回のサプライズの為にchan-BBさんと何度かメールをして、前々から感じていた藤夏さんの面白さ・天然?小悪魔っぷりが確信に変わりました!!ふふふ(笑)
デイジーサイド、もっと書きたいくらい本当に楽しく書かせていただきました。藤夏さんの脳内ともリンクできていたようで嬉しいです♪
こちらこそ、これからも宜しくお願いいたしますww(^^♪
編集 △ page top
::管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
編集 △ page top
::管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 Swinging Heart , All rights reserved.